近視治療の方法・紹介サイト

近視の治療の方法には、レーシック手術をはじめオルソケラトロジーやオサート、メガネやコンタクトレンズの装用があります。

近視の治療法をくわしく解説!

近視治療の方法・紹介サイトへようこそ!

近視を治す方法は、いまやいろいろな選択肢があって、迷ってしまうほどです。一昔前までは、コンタクトレンズがスマートな近視治療の方法でしたから、ずいぶんと眼科医療も進歩したものです。

もちろんソフトやハードレンズ、あるいは使い捨てコンタクトレンズの装用であっても、ほとんど裸眼視力と同様の視界です。現在コンタクトレンズという近視治療を行なっている人は、そのまま続けるのも一つの方法です。よくコンタクトは失明の危険があるといわれますが、よっぽど酷い装着をしないかぎり、失明のリスクはありません。

現に私は、18年間コンタクトレンズを着用していますが、角膜内皮細胞は3200個と診断されました。健常者と変わらないレベルです。むしろ普通の人よりも多い細胞数ではないでしょうか?

近視治療の方法には、2000年以降、PRK手術やレーシック手術が台頭してきました。これは角膜にエキシマレーザーを照射することによって、角膜自体にコンタクトレンズのような役目をさせようと試みた近視手術です。

コンタクトレンズと異なるのは、レーシック手術やPRK手術、ラゼックなどの視力回復手術では、角膜を削り取って蒸散させるために、元の状態には戻せないということ。その意味では、リスクの高い近視治療の方法とはいえるでしょう。そのかわり、毎晩のメンテナンスがなくなるというメリットがあります。

たしかに従来のマイクロケラトームを使用した初期のレーシック手術は、後遺症や合併症が多発していました。夜間視力の低下、ドライアイ、過矯正、矯正不足などなど。

しかし最新の近視治療の方法である、イントラレーシックが開発されてからは、こういったレーシックの副作用は少なくなってきています。ただし皆無ではないので、その点心得ておく必要があります。

近視治療の方法として、オルソケラトロジーやオサートという眼科矯正治療もあります。これは睡眠中に角膜の形を調整することによって、視力回復を目指すものですが、リスクもあるので要注意です。子供の仮性近視の抑制効果に注目が集まっています。

近視治療の方法というと、このように眼科の視力の強制というイメージがあります。しかし民間療法としての近視回復トレーニングも、視力アップに役立ちます。

しかし現実には、3Dアートの立体視やピンホールメガネ、視力回復訓練機、超音波治療器ソニマック、低周波治療器など多くの視力回復グッズがありますが、仮性近視の視力改善程度の効果といえるでしょう。

もし屈折性近視や視力0.1以下の強度近視が視力向上するとしたら、外眼筋に着目した目のエクササイズを採用しなければなりません。これも立派な近視治療の方法です。

学校検眼で、B判定やC判定、D評価をもらってきた小学生や中学生の子供も、視力0.01以下の極度近視で悩んでいる思春期の人も、諦めずに、いくつかの眼の運動法を組み合わせましょう。そうすれば毎日自宅で、視力治療の方法に励むことによって、いずれ効果が出てくると思います。

当サイトが有効な近視治療の方法をご紹介することによって、皆様の近視の解消に少しでもお役に立てれば幸いです。
>> あなたの視力低下を予防し、近視を治療する方法はこちら
子供用の視力回復教材はこちら

視力回復の治療法 近視の視力回復と研究 視力の治療法・改善のサイト 視力の治療方法 視力の回復法 急激な視力低下

近視治療の方法や目を良くする秘訣