近視治療の方法・紹介サイト

近視の治療の方法には、レーシック手術をはじめオルソケラトロジーやオサート、メガネやコンタクトレンズの装用があります。

サイトトップ > 近視治療コンタクト〜睡眠中に視力回復するオルソケラトロジー

近視治療コンタクト〜睡眠中に視力回復するオルソケラトロジー

近視治療コンタクトは、通常装用するソフトやハード、使い捨てコンタクトレンズではありません。こういったコンタクトレンズは、日中、活動しているときにレンズを装着します。そして基本的には、就寝前に外すのがふつうです。

ところが近視治療コンタクトレンズでは、生活リズムが反対になり、昼間の活動期は裸眼で過ごし、夜寝る前にレンズを着用するというスケジュールになります。近視矯正コンタクトレンズはオルソケラトロジーといい、その進化形をオサートといいます。オルソケラトロジーによる視力回復コンタクトは、どうして日中、裸眼にもかかわらず高い視力を保てるのでしょうか?

それは近視治療コンタクトは、睡眠中に角膜の形を変えるからです。ここには近視用メガネレンズや通常の近視用コンタクトレンズで使用されている、凹レンズの原理が応用されています。凹レンズとは中央部分が薄く、周辺部ほど厚くなっています。こうすることで、焦点距離を伸ばすことができます。天眼鏡(虫眼鏡)で太陽の光を集める作用と反対というわけですね。

近視治療コンタクトレンズでは、就寝前に治療用のハードコンタクトレンズを着用します。すると睡眠中にずっと角膜中央部を圧迫しつづけるイメージになります。その結果、朝起きたときに角膜自体が凹レンズのようになり、遠くを見るとき網膜の手前で焦点を結んでいたのが、網膜まで届くようになるわけです。日中は、裸眼でも良く見えるため、メガネなどの眼科矯正器具は不要になります。

レーシック手術などの視力回復手術では、エキシマレーザーを照射して角膜中央部をすり鉢状に削って、凹レンズ化します。眼鏡も通常のコンタクトレンズも、オルソkレンズによる強制も、すべて原理は同じということですね。ただレーシックやPRK手術、ラセックなどのレーザー角膜屈折矯正手術では、角膜を蒸散させて削るので、元の戻したくても二度と元の状態には戻りません。その点、近視治療コンタクトなら、オルソkレンズの装着を中止すれば、いつでももとの眼の状態に戻すことが可能です。

ただし近視治療コンタクトにもデメリットがあります。
装用を中止すれば元に戻るといっても、たとえば一旦減少した角膜内皮細胞は、元には戻りません。オルソケラトロジーで使うオルソkレンズは、非常に酸素透過性が高い素材といっても、角膜の酸素不足の心配があります。

また睡眠中は涙の分泌がないため、酸素透過性を高めても意味がありません。大気中の酸素は涙を介して、角膜に供給されるのです。涙の分泌されない睡眠中は、周辺の組織から酸素を得ているので、酸素透過性をいくら高めても意味がないと私は感じます。

むしろ近視治療コンタクトで睡眠中にレンズを装着することは、角膜とレンズのこすれを引きおこします。とくにレム睡眠中は、高速眼球運動が行なわれます。このときレンズと角膜の間には涙がないために、ダイレクトにこすれることに。これが角膜上皮びらんを引きおこす危険があります。

とはいってもオルソケラトロジーによる近視治療コンタクトレンズは、アメリカ食品医薬品局(FDA)では認可されており、欧米では多くの人が使用しており、とくに問題も起きていないようです。しかしリスクのある眼科矯正医療であることに変わりはないので、定期的な眼科の診察が義務付けられています。

オルソケラトロジーによる近視治療コンタクトは、レーシック手術に興味はあるけれど、どうしても踏み切れないという人におすすめです。ただし視力0.02とか視力0.01という極度の近視の人は、矯正しきれません。あるいは角膜や結膜に疾患があっても同様です。

この場合は、進化形のオサートがいいでしょう。
オサートは視力0.01という強度の近視であっても、1年後には視力1.2にまで視力アップすることができます。ただしデメリットはオルソケラトロジーと変わりません。そのため今までコンタクトレンズを装用してきた人は、そのまま使い続けたほうがいいと思います。装用のリズムが逆になるだけで、結局変わらないと私は思います。

ふつうの酸素透過性の高いハードや使い捨てコンタクトレンズを装用し続けながら、簡単な視力回復トレーニングを毎日実践して、近視の進行を抑えることが賢明ではないでしょうか?要は日中、高い視力が出ればいいのですから・・・。

近視の治療法とは一覧