近視治療の方法・紹介サイト

近視の治療の方法には、レーシック手術をはじめオルソケラトロジーやオサート、メガネやコンタクトレンズの装用があります。

サイトトップ > 眼科の近視治療〜電気による通電療法

眼科の近視治療〜電気による通電療法

眼科の近視治療には、数多くの方法があります。

まず近視の前段階の仮性近視の治療法としては、調節麻痺剤としての散瞳薬による点眼があります。ミドリンMなどですね。そのほか眼科の検査前の不要な毛様体筋の緊張を解くための、ワックという機械。これを眼科の近視治療として使用することもあります。この二つを試してみて、もし視力低下が改善しないのなら、それは真性近視になっていると判断されます。つまりメガネやコンタクトレンズの装用を勧められるわけですね。

眼科の近視治療といえば、2000年以降は、PRK手術とかレーシック手術が台頭してきました。裸眼視力をアップできるのですが、なにぶん角膜を削るために、元の目の状態に戻したくても戻すことはできなくなります。

そこで角膜を削らずに、特殊なハードコンタクトレンズによって変形させる眼科の近視治療が、オルソケラトロジーやオサートです。これは睡眠中にコンタクトの装着をすることによって、角膜の形が変わり、視力が改善するというものです。ただし、角膜とのこすれ、角膜の酸素不足など、疑問視する眼科専門医もいます。賛否両論あるようです。

以上が眼科の近視治療としては定番ですが、じつはもうひとつ眼科には近視を回復させる治療法があります。それが眼科の通電療法です。つまり目に電気を流すことによって、近視を治療しようとするわけです。

目の電気治療は、すべての眼医者で実施されているわけではありません。全国では、まだごくわずかです。ただし眼精疲労外来では、目の電気治療を行なっている施設もあるようです。

眼科の近視治療の通電療法は、先進的な眼科専門医を中心に取り入れています。今後は、さらに多くの眼科医院が取り入れていくと思われます。

眼科の通電治療では、まず患者さんの手を軽く湿らせて、アース棒を握らせます。つぎに担当スタッフが、患者さんの両目の周囲を2本の電極棒を使って10分程度、同時にゆっくりと周回させていきます。眼球を圧迫することはありません。

電気による眼科の近視治療のあいだ、ぴりぴりした感じがあります。10分程度ずっと、この感じがつづきます。ときには網膜の視細胞が反応して、閉じているまぶたにピカピカした光を感じることがあります。

電気による近視治療では、電流を強めれば、それだけより効果的です。それだけ毛様体筋の緊張が解消され、目の血行がよくなるからです。しかし、あまりに電気が強いと目が痛むため、そのときは電気の量を少なくします。

通電による眼科の近視治療は、だいたい週に2回程度のようです。そうして視力のアップが頭打ちになったら、週に1回とか2週間に1回とか1ヶ月に1回というように、徐々に少なくしていくといいそうです。

電流を通す眼科の近視治療は、1回1000円から1500円程度かかります。保険は適用されておらず、全額自費診療となっています。同じ目医者では、保険診療と自費診療を同時に行なう混合診療は認められていないようです。ただしコンタクトレンズを処方する部屋で、眼科の通電療法を実施するというように部屋をわければ、1日で両方を実施することも可能なようです。

眼科の近視治療法は、幼児や小学生の子供の仮性近視程度に有効のようです。視力0.01レベルの強度近視が視力回復することは、期待しないほうがいいでしょう。なぜなら軸性近視は眼球が伸びているので、毛様体筋の緊張を解くことが目的の目の電気療法では、どうにもならないからです。ただし疲れ目の解消、眼精疲労の予防による急激な視力低下を防ぐ効果は期待できます。近視の度が進まないようにはできると思います。

眼科の近視治療と並行して、民間の視力回復トレーニングも実践すると、より効果的です。たとえば外眼筋を訓練する、眼筋トレーニングです。これは速読の訓練でよく行なわれています。たとえば速読のインストラクターである、川村明宏博士が考案した視力回復法がおすすめです。

近視の治療法とは一覧