近視治療の方法・紹介サイト

近視の治療の方法には、レーシック手術をはじめオルソケラトロジーやオサート、メガネやコンタクトレンズの装用があります。

サイトトップ > 強度近視の治療法〜レーシック手術や眼筋トレーニング

強度近視の治療法〜レーシック手術や眼筋トレーニング

強度近視の治療法には、どのようなものがあるのでしょうか?

その前に強度の近視とは、いわゆる軸性近視のことです。
近眼は仮性近視という兆候からはじまり、これを放置していると真性近視に移行します。まず屈折性近視からはじまり、つぎに眼球が楕円状に伸びる軸性近視へと進行していきます。強度の近視とは、軸性近視のなかでも視力0.1以下の眼というイメージになります。

強度の近視になると、毛様体筋の緊張というよりも、眼球が前後に長く伸びているために、遠くを見たときに網膜の手前で焦点を結んでしまっています。そのため毛様体筋の緊張を解くための視力回復トレーニングや近視治療では、視力は改善しません。

ただしこういった毛様体筋の視力訓練であっても、一時的に視力はアップします。強度近視の治療法というわけではありませんが、目の疲れを解消し、急激な視力低下を予防する対策としては活用できるわけです。視力の悪化、近視の進行は、毛様体筋の緊張から始まるからです。

強度近視の治療法として、もっとも確実で早い効果が得られるものは、視力回復手術です。たとえばレーザー角膜屈折矯正手術であるレーシックです。眼球の長さはどうにもならないとしても、角膜の形を調整することによって、凹レンズ化し、網膜へと焦点を延ばすことは可能です。

ただしイントラレーシック手術は、フラップが厚いため、強度近視の治療としては適応外になることがあります。視力0.1程度なら完全強制できるかもしれませんが、視力0.01レベルの極度の近視の場合は、角膜を深く削る必要があるため、不適応になる可能性があります。角膜をあまりに深く削りすぎると、乱視が発生する危険があるのです。

そこで強度の近視の治療法としては、レーシック手術以外が適しています。フラップを作成しないPRK手術や、薄いフラップで済むラゼック、エピレーシック手術が適しています。そのかわり、近視矯正手術のあとは、目の痛みがあるため、治療用コンタクトレンズでしばらく保護する必要があります。

強度近視の治療としては、そのほかに内眼手術としてフェイキックIOLがあります。これは別名を有水晶体眼内レンズといいます。水晶体を温存したまま、新しい人工のレンズを挿入するのです。白内障手術では、白くにごった水晶体を取り出しますが、フェイキックIOLでは、水晶体は健全であり、弾力もあるので、そのまま残すのです。

フェイキックIOLは最強度の近視治療として、大変すぐれています。視力0.01という悪性近視であっても、術後は視力1.2とか視力1.5レベルまで視力を向上させることができます。しかもフェイキックIOLは、レーシック手術よりも、クリアな視界だといわれています。ただしメスで手術するため、覚悟は必要です。

強度近視の治療法は、このように眼科の矯正手術が手っ取り早いわけですが、眼筋トレーニングによって目指す選択肢もあります。ベイツス理論によれば、外眼筋が不要な緊張を起こすことによって、眼球を締め付けて変形させているといわれています。

そこで外眼筋を強化すれば、眼筋のバランスが回復し、視力が回復するといわれています。たとえば速読教室では、目を速く動かしますが、生徒さんたちに視力アップの現象が続出しているそうです。目を速く動かす筋肉は外眼筋です。目の周りを取り巻いている筋肉ですね。速く動かすことが負荷となり、筋肉が丈夫になった結果、強度近視が視力回復すると考えられます。

あるいは、速読の訓練では、脳の情報処理能力も高めますので、そのことが近視の視力回復に一躍かっているのかもしれません。

川村明宏博士は、新日本速読研究会の会長を務め、長年強度近視の治療法を研究してきました。速読法のなかから、近視治療のエッセンスだけを抜き出してマニュアルにしたものが、14日間視力回復プログラムです。

近視の治療法とは一覧