近視治療の方法・紹介サイト

近視の治療の方法には、レーシック手術をはじめオルソケラトロジーやオサート、メガネやコンタクトレンズの装用があります。

サイトトップ > 近視レーザー治療とは?〜レーシック手術やPRK、ラセック

近視レーザー治療とは?〜レーシック手術やPRK、ラセック

近視レーザー治療は、近眼を完全に治すことができる眼科矯正医療として、注目を集めています。

とくにスポーツ選手は目が悪いとパフォーマンスに影響しますし、芸能人もメガネを装用していると見た目に関係してきます。レーシック手術をうけることによって、あたかも裸眼視力がアップしたかのような状態を作れるわけですね。

近視レーザー治療には、レーシック手術を筆頭に、PRK手術、フレックスPRK、ラセック(ラゼックとも)などがあります。レーシック手術ひとつとっても、従来型のマイクロケラトームを使用するものから、レーザーでフラップを作成するイントラレーシックや、薄いフラップを作るエピレーシック、収差を取るウェーブフロントなどがあります。また最新の技術では、アイレーシックやZレーシックという術式もあります。

近視レーシック手術は、自由診療という位置づけであり、保険は適用できません。そのためレーシックのクリニックによって、費用はばらばらです。安いレーシックの眼科だと、10万円台で受けれるところもあります。ただし、そのぶんレーシックの検査を簡単に済ませたり、なにかを省略していることも考えられるので注意が必要です。生命保険の手術給付金を受けると、ほとんど無料で近眼手術を受けれる場合もあります。学生さんは学割がきくこともあります。

近視レーザー治療は、エキシマレーザーを角膜表面に照射することによって、角膜の屈折率を変え、そのことによって近眼を治す眼科医療です。2000年ごろから日本では始まったので、まだ歴史の浅い視力矯正法といえます。

近視レーザー治療は、手術法によって、それぞれフラップの作成などが異なりますが、視力回復の原理は一緒です。それは近視の治療の場合、角膜中央部をすり鉢状に平らに削るということです。これはコンタクトレンズやメガネの凹レンズの形に通じます。つまり角膜に使い捨てコンタクトレンズの代役をさせるわけですね。

そのため、一旦レーシック手術などの近視レーザー治療をうけたあとは、コンタクトレンズのような”わずらわしい”ケアが必要なくなります。また角膜を傷つける心配も、角膜が酸素不足になる心配もなくなるというメリットがあります。

ただし近視レーザー手術をうけたあとも、パソコン作業やゲーム機など、近くを長時間見続ける習慣があると、近視の戻りが発生します。視力1.5や1.2まで視力アップしたものが、視力0.7、0.5、0.3というように視力低下することもありえるわけです。

近視レーザー治療によって視力改善されたあとは、視力が落ちる現象を予防するために、日ごろから目のメンテナンスが不可欠です。たとえば近くを見るときは、+0.25とか+0.5くらいの度の老眼鏡(遠視用メガネ)を装用すると、視力減退を抑えられます。ダイソーなどの100円ショップでは、たしか+1.0が一番ゆるい度だったと思います。

近視レーザー治療による視力の悪化を防ぐには、目の血行をよくする習慣をつけるのもいいでしょう。強いまばたきを5回連続で行なうと、目の血行が一気に改善されます。最後の5回目は数秒間維持すると、より効果的です。目のツボ指圧も、目の健康を守り、眼病を予防してくれます。

さらには目を使ったあとは、遠くを見るように心がけましょう。
あるいは遠くと近くを交互に見つめる、水晶体体操法も有効です。ルテインやアントシアニンなどの視力回復サプリメントは、近眼による目の病気を防ぐ力になります。近視レーザー治療をうけたといっても、それは目の表面のみであって、眼球自体の形は軸性の近視のままなので、目の病気の予防を考える必要があるのです。

近視レーザー治療は、エキシマレーザーによって角膜を削る眼科療法ですから、元の状態に戻すことはできません。その点で踏み切れない人は、睡眠中に視力を強制するオルソケラトロジーやオサートといった選択肢もあります。

もちろん自宅で視力回復のマニュアルを参考にしながら、視力回復トレーニングに励むという選択肢が、もっとも安全といえるでしょう。

近視の治療法とは一覧