近視治療の方法・紹介サイト

近視の治療の方法には、レーシック手術をはじめオルソケラトロジーやオサート、メガネやコンタクトレンズの装用があります。

サイトトップ > 未来の近視治療〜コルネアプラスティーや点眼治療

未来の近視治療〜コルネアプラスティーや点眼治療

未来の近視治療として、コルネアプラスティーというものがあります。これはアメリカで現在治験中で、数年後にはFDAの承認を得て、日本にも上陸するのではないかといわれている眼科矯正医療です。

未来の近視治療法・コルネアプラスティーは、いってみればオルソケラトロジーやオサートの進化形といえます。オルソケラトロジーなどの視力回復コンタクトレンズでは、毎晩、就寝前にオルソkレンズを装用する必要がありました。ところがコルネアプラスティでは、一回だけレンズを装用すれば、そのあとは半永久的にその状態が維持されます。

一度行なえば、そのあとはほったらかしという点では、レーシック手術やPRK手術、ラセックなどの視力回復手術と似ています。しかし未来の近視治療法では、いくらでも元の状態に戻せる点が、近視矯正手術とは異なっています。つまりオルソケラトロジーと近眼手術が融合した形・・・それが近未来の近視治療といえるでしょう。

コルネアプラスティーの眼科治療では、どうして1回の矯正でOKなのでしょうか?未来の近視治療では、まず特殊な酵素を角膜に注入して、角膜の各層間の結合を弱めます。このときにオルソkレンズのようなものを装用。すると角膜が変形しやすくなります。

そのあと、べつの特殊な酵素を角膜に注入し、今度は角膜の各層間の結合を強めます。これによって変形した角膜の状態で固定されることになります。一度固定すると、半永久的にそのままの状態が維持されるので、毎晩オルソkレンズを装着する手間がなくなります。イメージとしてはレーシック手術のようなものですが、未来の近視治療のメリットは、もとの角膜の状態に戻したいときは、いつでも戻せるという点です。イントラレーシック手術などでは、こうはいきません。

2013年ごろに日本に上陸するという情報もあります。
そうなると現在のイントラレーシック手術やアイレーシック、Zレーシックなどをしのいで、人気ナンバーワンの地位に上り詰めるかもしれませんね。

もっと未来の近視治療に思いを馳せると、近視を治すサプリメントとか錠剤、あるいは近視を治療する点眼薬なんかも開発されるかもしれません。もしそうなら、それは眼球の形を変える力をもっているはずです。

もしかしたらそれ以前に、近視予防のワクチンが慣習化されるかもしれません。小学校に入学したら、将来の近視化を予防するために、ワクチンをするわけです。現に今でもSP手術といって、眼球の強膜にコラーゲン繊維を注入して、眼軸の伸展をストップさせるワクチンはありますが、一般的ではありません。網膜移植をはじめとして、近未来の近視治療に期待したいところです。

近視の治療法とは一覧